スポンサードリンク

中村俊輔,消化不良で途中交代も豪戦は休養

中村俊輔選手,昨日はなかなかボールが回ってこず,イライラした試合展開だったでしょうね。横浜Fマリノスへの復帰はここの時期に来てきな臭い策状況になってますが,wカップ4大会連続出場も決まってかっこよく凱旋したいところだったはず。

あまりにもケガ人などの欠場者が多すぎました。チャンスを与えられた控えも機能せず消化不良のまま途中交代。豪戦は休養で欠場とのことですから,この悔しさをはらすのは強豪相手がウワサされる強化試合ということになりますかね。


日本代表,遠藤欠場で機能せず。

カタール戦で目立ったは中村俊輔選手にボールがあまり回らなかったこと。いや,中村選手に限らず,全体的にボールの回りがよくなかったように思います。

いつもなら遠藤選手や長谷部選手がいて,中盤の底でボールの配球役になっていますが,今回代役になった阿部選手や橋本選手はそれがうまくできなかったようです。

長谷部選手は次回のオーストラリア戦も欠場ですから,遠藤選手と組む選手を誰にするかでボールの回りが変わってくるのでしょう。


日本代表vsカタール戦,ホームでドローはないでしょ!

昨日のカタール戦,ホームの試合であり出足もよかったので,このままペースに乗れるかと思ったら全然ダメ。カタールに押し込まれる場面が再三見られ,後半早々にはPKを献上し,同点。その後も決定機を欠いたまま試合終了。

Wカップ予選通過が決まったから気が抜けたわけではないでしょうが,ホームでアウェイみたいな試合してくれました。

ベストメンバーではないにしろ,控え組が目立ちませんでした。阿部,橋本両選手,もう少しやってくれると思ったんですが・・・。

カタールレベルで控えが活躍できない状況,これが今の日本代表の本当の実力かも。


内田篤人,バーレーン戦の敗因を指摘!

満を持して望んだはずの昨夜の日本代表VSバーレーン戦,
結果は残念ながら0-1の敗戦。

岡田監督になってからは,
確か対戦成績は2-2の5分だったような。。。。

今回の試合で徹底的にたたき,日本には勝てないという意識を持ってもらうという思惑はすっかり外れてしまいました。

内田篤人選手が語っていた敗戦の原因を新聞で読みましたが,
大筋は「中盤でボールキープができなかったこと」。

欧州組の稲本選手や本田選手が出ていましたが,あまり機能していなかったようですね。本田選手の弁も同様でした。やっぱり遠藤選手欠場の穴は大きかったですかね。

稲本選手は万能選手のイメージがありますが,コンビネーションの部分を解消するのは数日ではむずかしいでしょうね。オーストラリア戦を前にまだ1試合あります。いい薬にしてもらいましょう。

サッカー日本代表関連商品はこちら!

ガンバ大阪クラブW杯3位!,オシムの教え子勝利に貢献!!

ガンバ大阪が去年の浦和レッズに続いて,見事クラブワールドカップ3位を勝ち取りましたぁ。

遠藤保仁選手はFKなどで見せ場を作りました。
オシム前代表監督も「世界に通用する」とほめていましたね。

初戦で退場しながら,それを感じさせずにプレーした選手,この人もオシム前監督のお気に入りでしたね。

第2戦に続いて得点した選手。
若手の有望株が大舞台で結果を出し続けました。

Jリーグでは途中出場が多かったらしいですが,
もう先発が当たり前ですね。スーパーサブではなく完全にエースの働き!

ヒメネス、アルバレスを中心にパチューカも細かなパス回しでG大阪に対抗し,非常に拮抗した試合展開でしたね。

これでガンバ勢が日本代表に増えるのは確実ですね。
西野監督が日本代表監督になる日も近い。。

参考:12月21日スポーツナビ

もっと情報が欲しい方はこちら。


ルーニー&C.ロナウド、23歳コンビで頂点…マンU

12月21日23時57分配信 毎日新聞



この二人が99年以来(トヨタカップ時代)の
クラブワールドカップ優勝を決めた!

<試合結果>
マンチェスターU 1−0 リガ・デ・キト

類を見ない速いビルドアップで凌駕する攻撃力、
レッドカードで守備の中心ビディッチを失うも動じない忍耐力。

特に存在感がピカイチだったのはやはりルーニーとロナルド(ロナウド)の二人。

後半28分、一人足りない数的に不利な場面。
ロナルドがDFを引きつけ、左サイドへパス。

このパスを右足ダイレクトでルーニーが右サイド隅にドスン!
決して簡単ではありませんでしたが確実に決めましたね。

特にルーニーは2試合で3得点。
守備もすごい。
前線でボールを追い回し、素早く戻って守備もしてました。

最優秀選手は当然の結果。

気性が激しく「悪童」的な報道が多い中、
試合後の日テレのインタビューで見せた笑顔は本来の人柄を垣間見ました。

P.S.
パク・チソンもアジア代表として
がんばってましたね。

参考:12月21日 毎日新聞

もっと情報が欲しい方はこちら




★このサイトでよく閲覧されている記事です。
長谷川京子

中居正弘 草なぎ剛

木村拓哉 SMAP

稲垣吾郎 SMAP

福山雅治 龍馬伝


日本代表,今の強さはホンモノか?

先日の日本VSカタール戦。
アウェイでの勝利で3位との差が開き,
グループ2位以上で通過する確率が高まりました。

油断はできませんが,今後の興味は,
オーストラリアとの首位争い。

でも,今の日本のレベルって,
過去のチームと比較するとどのくらいなんでしょう。

2008年11月26日FOOTBALL WEEKLYの 【加部究コラム】を読むと,
なるほどとうなってしまいました。

【加部究コラム】では,
2000年アジアカップでトルシエ指揮下の日本が最強では?と記しています。

中村俊輔,名波浩のレフティが攻撃を引っ張り,
中田浩二らのフラット3による鉄壁守備が機能した試合の連続。

サウジとの決勝では全盛期と思われる川口が1-0の完封を演出。

確かにあのアジアカップほど,
アジア相手に圧勝の連続だったことはないですね。

今は,対戦相手の幅が広がったとはいえ,
圧勝は少ないですね。

仮にW杯に行けても,
また予選全敗ではサッカーへの興味自体が下降線をたどります。

【加部究コラム】にあるように,
アウェイでの強豪国とのマッチアップ,
選手層の厚みと連携の強化を着実に実施してください。

そして岡田監督の就任当初に宣言したように
南アフリカ大会では是非世界を驚かして欲しいですね。

日本代表,快勝で決定力不足は解消?

最近のサッカー日本代表には悲観的な見方が多かったですが,
ふたをあけてみればカタールに3-0で快勝。

フォワードの決定力不足がささやかれていましたが,
と1,2点はフォワードの得点。

1点目:田中達
2点目:玉田
3点目:闘莉王

玉田は比較的コンスタントに結果を出してますね。
2点目のゴールはなかなか豪快でした。

1点目の田中達、
胸トラップからキーパー股抜き。

技ありでした。

心配された中村俊輔も何とか出場。

多少のケガを押しても出てくれる気合!
テクニックだけではなく精神的支柱としても大きな存在です。

3点目の闘莉王、
やはり得点源であることを見せ付けました。


今回のポイントは、早々に先取点をあげたこと。

これがカタールをあわてさせ、
追加点で戦意喪失という理想的な展開に持っていけたのだと思います。

次は来年2月。
ホームでオーストラリア戦。

テクニック、体力、体格。
今までとは相手が違います。

ウズベキスタン戦では、
体格の良い相手のプレスに苦しみました。

どのような対策を岡田監督はしてくるか。

DFの闘莉王、寺田(中沢かも)のデカデカコンビがしっかり守り、
速いFW陣が相手のデカイDFを抜き去る、

という展開ができれば勝ち点が付いてくるでしょう・・・ね。

<日本代表メンバー>

GK:1 川口能活(Cap)
DF:4 田中マルクス闘莉王、2 寺田周平、15 長友佑都、3 内田篤人
MF:7 遠藤保仁、10 中村俊輔、17 長谷部誠、16 大久保嘉人→13 岡崎慎司(後半41分)
FW:11 玉田圭司→12 佐藤寿人(後半47分)、8 田中達也→9 松井大輔(後半26分)

サブ:18 都築龍太、6 阿部勇樹、14 中村憲剛、5 今野泰幸

★このサイトでよく閲覧されている記事です。
中居正弘 草なぎ剛

木村拓哉 SMAP

稲垣吾郎 SMAP

福山雅治 龍馬伝




西野朗監督(ガンバ大阪)、ACL初優勝でクラブワールドカップへ!!

史上初となるJ1通算150勝を達成した名監督が、
ついにアジアの頂点に!

ガンバ大阪がアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)を退け、
AFCチャンピオンズリーグに優勝し、アジア王者に輝いたのです。

<決勝戦結果>
第1戦:3−0(勝:ガンバ)(ホーム)
第2戦:2−0(勝:ガンバ)

2年前は1次リーグ敗退。
昨年は浦和が日本勢初の優勝。

確かに2年前は敗退でしたが、1次リーグで対戦した全北現代(韓国)が頂点に立ち、
「うちにも勝ち抜ける力はある」と確信していたというし、

浦和はJ1で対戦してるから力量は把握済み。

だとすれば今回のACLで勝てないわけがない・・・
と考えても全く不思議ではないですね。。

去年優勝の浦和は、野球の読売ジャイアンツのように、
スター選手を集めたチーム。

でも守備的なサッカーがチームカラー。

ガンバはスターは少ないが、イケイケの攻撃チーム。
こういうチームが頂点に立つのは非常にうれしいですね。

このイケイケがクラブワールドカップで見られます。
そして世界の強豪に通じるとしたら・・・

このガンバのカラーを日本代表が取り入れたら・・・!

ズバリ、次期代表監督は西野さんでOK!

そしてアトランタ五輪のときのように、
ブラジルを撃破!・・・なんてね。

クラブW杯、たのしみですねぇ。

ちなみに本日の日本代表vsシリア戦は
3−1で日本が勝ちました。

1点目:長友
2点目:玉田
3点目:大久保
1失点:PK

参考:サンケイスポーツ

キング三浦知良:ビラ配りのチーム事情!?

サッカー界の至宝キング・カズこと三浦知良選手が、
なんとプロ22年目にして初ビラ配りに挑戦です。

ビラ配りの背景を、カズ選手はこう語りました。
日産スタジアムはキャパが大きい(7万2370人収容)から3万入ってもガラガラ。クラブ一丸となって7万人集めようと頑張ってるし、これで1人でも多く来てもらえたらなと思う。僕自身、たくさんのお客さんに来てほしいしね」

今季初めてホーム試合を行う日産スタジアムでの鹿島戦(14日)を前にクラブが掲げる「7万人プロジェクト」の一環として、チームメートとともにJR東戸塚駅前に立ったカズ選手。

練習着姿のカズ選手が、鹿島戦の観戦を促すチラシを配り始めると、
約500人が一瞬にして周囲を包囲。

開始わずか3分で割り当ての30枚を配り終え、夢の7万人動員にひと役買いました。

もみくちゃ状態のカズ選手からから手渡されたビラは、
ファンにとっては“プラチナペーパー”になったことでしょう。

さて、カズ選手にビラ配りをさせることに異論は出なかったのでしょうか?

情報筋によれば、確かに反対もあったようですが、
常にチームのことを考え、ファンのことを考え、
サッカー界全体の繁栄を考えるカズ選手。

ビラ配りを快諾したようです。

さらに5日早朝には、TBSの「みのもんたの朝ズバッ!」へスタジオ生出演が決定。

このテレビ出演までの工程が、大変!
4日試合後、深夜に遠征先から戻り、その後“不眠不休”でテレビ局へ向かうそうです。

40歳過ぎてのこの強行日程、体の負担が心配ですが、
「大変だけど、別にサッカーやるわけじゃないから大丈夫」
カズ選手は語ったそうです。

選手としてのピークは過ぎていても、
熱い心意気は、若いころのまんまですね。

本当の「スーパースター」とは、
カズ選手のような人を言うのでしょう。

中村俊輔〜アジアカップ赤or黄色信号!?

24日の日本代表VSペルー戦で2アシストを記録した中村俊輔選手、
早くも難題勃発です!

07-08年欧州CLに予備戦3回戦から出場するセルティックは、
ストラカン監督が中村俊輔選手の出場を強く希望。

アジア杯終盤に日程が重なってしまうため、
必然的にどちらかしか参加できなくなってしまいました。

俊輔選手にしてみれば、両方出たいところでしょうが・・・。

オシム監督の基本スタンスが「海外組は所属クラブ優先」であるだけに、
大陸連盟主催大会のアジア杯で、いくら代表チームに拘束力があるとはいえ、
代表召集は微妙かもしれません。

俊輔選手に選択権はありませんが、
海外で目立つ活躍をしている彼のプレーを代表で見られるのは、
私たちにはうれしいことです。

ただ、先日のペルー戦でアシストを記録したとはいえ、
国内組に溶け込めていたか?というと、まだまだだった感は否めません。

テクニックがある分、ボールを持ってしまい、
早く動かすプレーが少なかったところが、
オシム監督の苦言の素になったようですし・・・。

ただ、俊輔選手は求められるプレーができる選手だと思いますので、
長い期間、国内組と融合すれば必ず期待に応えるでしょう。

オシム監督、どうします?

最後まで読んでくれて感謝感謝!次の記事もお楽しみに〜♪

平山2得点〜エースの貫禄、サッカーU-22代表快勝

皆さんこんにちは!お元気ですか?今回もネットで話題の最新ニュースについて、一言言わせて頂きますね。

昨日のサッカーU-22日本代表VSシリア戦、3−0で日本の勝利。
家長選手の得点の後、平山選手が頭と右足で2点をもぎ取りました。

これで、、平山選手は予選3試合連続得点、尻上がりに調子を上げてきましたね。

予選に入る前は、体重オーバー、気力不足等、いろいろ叩かれていましたが、本番に強いというジンクス通り、これまで着実に得点を重ねています。

特にきょうは試合前から非常に気合いの入った顔つきでしたから、
期待感はありましたが、2点も取っっちゃうなんて・・・^^

特に2点目は足で取ってくれたのがGOOD!
ダイレクトパスに素早く反応し、相手ディフェンダーをうまく抑えながら、判断のいいシュート!。平山選手の強さとうまさを感じました。

次回はアウェイですが、この調子で行ってもらいたいですね。

最後まで読んでくれてありがとう。次の記事もお楽しみに〜♪

家長先制弾〜サッカーU-22日本代表快勝

皆さんこんにちは!お元気ですか?今回もネットで話題の最新ニュースについて、一言言わせて頂きますね。

昨日のサッカーU-22日本代表VSシリア戦、3−0で日本の勝利。
先発出場の家長選手が、期待通りの活躍で、先制弾を叩き込みましたね。

前半早々はシリアに攻め込まれ、危うく1点献上か!と言う場面もありましたが、左から攻め上がった家長選手が左足で切り返し、相手をかわすと右足でシュート!

ボールはキーパー左上を越えて、ゴールに吸い込まれました。
ペナルティエリア外からのシュートでしたが、実にキレイに決まりましたね。

家長選手の利き足は左だと思いましたが、右足でもあのコースに決められるのは、器用であることと技術の高さを証明したと思います。

その後、日本は勢いに乗り、シリアを圧倒!
家長選手も右に左に動き、相手がマークしきれない状況を作り、途中交代まで終始、チームに貢献していました。

U-22日本代表は、これまでの試合の中で最も危なげなく、試合を運びましたが、家長選手の貢献度はかなりのものだったように思います。

最後まで読んでくれてありがとう。次の記事もお楽しみに〜♪

サッカーU-22代表、きょう天王山のシリア戦

皆さんこんにちは!お元気ですか?今回もネットで話題の最新ニュースについて、一言言わせて頂きますね。

サッカーU-22代表、きょうはいよいよ、天王山のシリア戦です。
きょう勝てば、2次予選通過にかなり近づきますね。

ただ、シリアもユース時代に「黄金世代」と呼ばれたメンバーが主流のようです。

中東特有のフィジカルの強さ+テクニックがあるとしたら・・・
これまでの生半可な試合運びでは、勝つためにかなり難儀するかもしれません。

きょうの試合で特に期待したいのは、水野家長の二人。
そうです。先日のA代表戦で後半残り5分から出場した、あの二人です。

彼らは、ワールドユースでもその抜群のテクニックで、強敵達と渡り合いました。

水野のフリーキックは予選敗退からチームを救いました。
家長の左からの突破は強豪オランダをもあっと言わせました。

特に家長は3トップの一角としての出場が有力視されています。アシストだけでなくゴールも決めてくれるとチョ〜うれしいです。
期待しましょう^^

最後まで読んでくれてありがとう。次の記事もお楽しみに〜♪

中澤と闘利王は仲悪いの?

皆さんこんにちは!お元気ですか?今回もネットで話題の最新ニュースについて、一言言わせて頂きますね。

中澤と闘利王は仲悪いのでしょうかね?日刊スポーツのオシムジャパンに付いての投稿評価を読んでて気になりました。

背格好は似た感じでプレイスタイルも似てるとなると確かにかち合うところは多いかも(髪型は似てないけど・・・)。

ただ闘利王はちょっと上がりすぎのように思います。サプライズ的な動きが評価できるときもありますが、
それは本職をしっかりできていればの話。

投稿の評価にも出ていましたが、前線へのフィードの正確さがないですね。

守備からスピーディに攻撃を移すにはこのフィードが悪いとただ相手にボールを渡すだけ。

組織で試合してるのですから、最低限のことはこなしてから積極的な上がりをして欲しいですね。

下手な相手ならともかく上手い相手ではそれ以上に上手くなくては通用しない攻撃オプションになってしまいます。

浦和でうまく行ってても代表ではよく考えて欲しいですね。

闘利王がいない穴を中澤がフォローするのも大変でしょう。

とはいえ、この二人がディフェンスとしてうまくコンビが組めたら、かなり強力なラインができますよね。そこは期待しています。

最後まで読んでくれてありがとう。次の記事もお楽しみに〜♪

サッカー日本代表〜ついに欧州組合流!

皆さんこんにちは!お元気ですか?今回もネットで話題の最新ニュースについて、一言言わせて頂きますね。

3/24の代表戦、久しぶりに欧州から中村俊輔、高原直泰が合流しましたね。

ペルー代表がベスト布陣では無かったにせよ、コチラもベスト布陣とは言えない日本代表が2-0で勝利したことは良いことと考えたいですね。

ワタシ個人としてはワールドカップ予選まではそんなに出来が良くなくてもいいと思っています。

勝つに越したことはありませんが無理に勝ちに行かなくてもいいと思っています。

ジーコ時代に、あまりに価値にこだわりすぎて、久保のように肝心なときにベストパフォーマンスが出来なくなっては身もふたもありませんからね。

オシムさんも結果を求められているでしょうが、ジェフを育てたときのようにじっくり行ってほしいものです。

日本のマスコミ、ちょっと勝ちにこだわりすぎな気がします。
試合結果の記事を見ていると「今の結果がすべて!」といった内容がやたら目について心配です。

ドイツの二の舞になってほしくありませんから〜。

今、勝つ意味と将来に勝つ意味をよく考えるべきでしょう。マスコミにも良いサポーターになってほしいモノです。

また、川淵キャプテンも前回ワールドカップが終ったときのコメントとして、

オシムにはアジアカップ優勝のノルマは課さない」

と言っていましたが、この言葉は生きているでしょうか?
マスコミには「3連覇」の3文字が良く躍っていますからね。

それにしても俊輔と高原、やっぱり違いましたね。他の選手とは。

俊輔は日本代表の中にはいるとたくましく見えますね。
体も一回り太くなったのでは?。大男達の中で毎日もまれると自然にああなるのでしょうね。

やはり一流になって行くにはその環境に入ってしまうのが、一番の近道ということですね。

最後まで読んでくれてありがとう。次の記事もお楽しみに〜♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。